必見!賢い土地活用にマンション経営を考える


土地活用としてのマンション経営

土地というものは、所有しているだけで、固定資産税が毎年課税されます。加えて、場所によっては、都市計画税が課税される場合もあります。さらに、将来的に相続という問題を考えた場合、相続税への対策が必要となってきます。将来にわたる土地活用を考えた場合、その節税効果も含め、マンション経営は、有力な選択肢の一つと言えるでしょう。ここでは、土地活用を考えた場合のマンション経営のメリットとデメリットを紹介します。

マンション経営のメリットは?

マンション経営のメリットは、なんといっても、入居者がいる限りは、安定的で継続的な家賃収入が見込めるということです。集合住宅における賃貸経営というのは、高い投資効果を生み出すことが魅力的と言えるでしょう。ただ、あくまでも、安定的で継続的な収入というのは、一定の入居率を保つといったような要件定義を前提にしたものであることを頭に入れておかねばなりません。次に節税効果です。土地の固定資産税と都市計画税には特例があります。所有する土地に建物が建っている場合、固定資産税が最大6分の1、都市計画税は最大3分の1まで軽減されます。また、相続税においては、土地は貸家建付土地という評価の場合は更地の概ね7割、小規模宅地等の特例の場合は5割の課税評価額減となります。

マンション経営のデメリットは?

マンション経営は初期投資が大きく、途中での計画の変更が難しいため、慎重に決断しなければなりません。デメリットをいくつか挙げると、空室リスクや家賃滞納、経年劣化によるメンテナンス費や修繕費の増大などがあります。

メリットとデメリットは表裏一体

メリットとデメリットは必ずついてまわります。所有する土地の賃貸ニーズや綿密な収支計画、災害など想定外の事態も考慮に入れた検討が重要です。

マンション経営を始めるにあたり、将来性のある物件のデザインや間取り、収益率などをチェックすることが大事です。