賃貸物件選びは契約内容をしっかり把握しないと大変なことに!?


賃貸物件を借りたつもりが転貸物件だったら大変

賃貸物件を不動産屋で探す時には、駅前のチェーン店は地域相場を把握するためだけに利用すると良いでしょう。なぜなら、本当に住みたい部屋が案内されるまでには何度も通う必要が出てくるので、あまり効率的とは言えません。不動産屋で綺麗な部屋を借りられたと思ったら、実はサブリース契約という又貸し物件だったというオチでは洒落にならないでしょう。

入居者が強く保護される借地借家法は、転貸契約では全てがすんなり適用されるわけではありません。オーナーから不動産屋が一括借上げをしている段階で、既に賃貸借契約が結ばれており、不動産屋が一括借上げした部屋を転貸契約するのがサブリースです。一度聞いただけで理解出来るほど簡単な契約内容では無いので、転貸物件は避けておくことが無難でしょう。

リスクを回避した部屋探しをしよう

部屋を探す時に本命の賃貸物件は、地元の不動産屋で見つけると良いです。なぜなら、専任媒介契約という不動産屋がオーナーへ頻繁に募集状況を報告しなければならない契約を多く抱えている不動産屋ならば、オーナーとの繋がりが深いので無茶な契約を結ばされる心配がありません。利益をとことん追求すれば、保証会社を強制加入させたり、ハウスクリーニング代を請求したりと本来は不要なことを共用してくる可能性があります。リピーターが数多く存在する地元の不動産屋は、堅実な案内を続けているからこそ生き残れているわけです。最初から不動産屋の都合で案内されることが少ない地元の小さな不動産屋を探す所から始めると良いでしょう。

江別市の賃貸では、最新の設備が揃っている物件も多く存在し、利便性や快適性を重視している場合でも納得のいく物件探しが可能です。